うちな~噺家 藤木勇人(志ぃさー)についてのあれこれを紹介しています。

tetsuo

うるとら哲夫


画像の説明



1960年代あの高度経済成長期の真只中、子供たちをテレビに釘付けにした『ウルトラQ』からスタートしたウルトラシリーズ。
このウルトラシリーズの生みの親の一人といわれているのが沖縄は南風原町出身の金城哲夫であることは、多くの人が知る事実。
しかし、ウルトラセブンのチーフライターをも務めた哲夫が多くの脚本を残し、その物語の中に沖縄に対する思を深く刻んだことはなかなか知られていないのだ。
実際、ウルトラセブン世代の子供たちは、ウルトラセブの物語が娯楽番組にしてはなにか暗いというイメージをもっていた。
特にウルトラセブンは時代を越え今ではウルトラシリーズ最高傑作といわれるまでになった。
ところが突如、哲夫はウルトラシリーズの栄光を捨て、31歳にして沖縄に家族を連れて引き上げる。
そして沖縄の芸能界で八面六臂の活躍をしながらも37歳の若さで不慮の死を遂げてしまったのだ。
あれから30年の時を越え、金城哲夫が東京住まい中に、妻の前で沖縄に帰ることを決心した日の夜をコミカルに描きながら、彼の島に対する思いと平和に対する思いを紹介する。



powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional